So-net無料ブログ作成
検索選択

主夫の愚痴 [主夫の日常]

ちょっと愚痴でも。

日々の家事労働の中で一番嫌なのが「寝かしつけ」。まあ、子ども2人とも小学生なんで、寝かしつけって言葉も何なんですけど...

どうなんでしょう? 学校教育的な理想としては夜9時ぐらいに寝るのがいいとされてるような気がしますし、僕の理想としても、それぐらいには寝床に就いてもらって、そこから多少おしゃべりしたとしても10時前には完全に睡眠状態に入ってほしいのですが...

8時を過ぎたあたりで僕が「は~い、お風呂入って~」とか「は~い、片づけて~」「は~い、寝る方向でお願いしま~す」等とプレッシャーをかけ始めるのですが、あまり効力はなく...

僕的にもまだ余裕があると思って、お茶やお菓子でくつろいだり、ちょろっとメールやネットを見ていると、あっという間に8時50分ぐらいになっていて...

ふと我に返った僕が突然「ほら!早く風呂入って!」「その前に床(のカードゲーム)片づけろ!」「これじゃパパの布団敷けないだろ!」と怒号を飛ばし始める。

これで子どもたちが「はい、すみませーん」となればいいのですが、何やかや言い訳したり、さらっとスルーしたりして...(苦笑) 徐々に俺の感情がヒートアップ!

子どもたち(主に小2の娘)に嫌味を言ったり、キレたり、くすぐったり、カウントダウンで「梅干し」したり...

どうにかこうにか床を片づけさせて、風呂に行かせて、その隙に食器を洗って、床をほうきで掃いて布団しいて...

で、風呂から出てきた子どもたち(主に娘)が、これまたすぐにパジャマを着ない。歯を磨かない。

どうにか歯を磨くとこまでやらせたら、仕上げ磨きをして、アトピーの薬塗って...

ハー、ハー...(汗)

これで大体、10時20分ぐらい。

寝室に子どもたちを押し込めて、ふすまをバシンと閉めて...

子どもたちは「ママ~、一緒に寝よ~」と言って親子でいちゃいちゃして、完全に静かになるのは11時ごろ(泣)。

疲れる...

ちなみに、この一連の俺の戦いに、妻はあまり協力的でない... 俺としては、俺と一緒になって子どもたちを怒鳴りつけてほしいのだが。最悪それで夫婦喧嘩が始まったりもする。

疲れる...



というわけで、ほとほと嫌気がさした僕は最近、新たな作戦に出た。

もうリビング(子ども部屋)は片付けない。散らかってたら散らかったまま何日でも放置。今までは僕がそこに布団を敷いて寝ていたのだが、パソコンのある別室で寝ることにした。なんか一人暮らしみたいで快適だ(笑)。

もう子どもたちのことも怒らない。寝不足の責任は自分で取ってもらう。散らかった部屋の不都合も自分で感じてもらう。この方式にして3日ぐらい経つが、今のところ問題なし。

甘えん坊の息子は「怒らないパパ」に多少動揺しているが(愛情がなくなったのでは?と)、パンクな娘は「どっちでもいいよ、パパの好きにすれば」と(笑)。

とにかく僕のストレスは激減。我が家の夜の風景、新時代に突入か!




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。